2020-10

基礎知識

筋肉 その1 筋肉がつく仕組み

筋肉がつく仕組みについての説明です。 筋肉は、筋線維という繊維状の筋細胞が何千本と束になってできています。その筋線維が、トレーニングでの負荷を受けることによる損傷と修復を繰り返すことで、少しずつ太くなります。これにより、筋肉がつきます。 筋肉は、強い負荷を与えないと大きくなりません。また、使わなければ衰えます。
タイトルとURLをコピーしました