アミノ酸

アミノ酸

アミノ酸とたんぱく質の関係

たんぱく質は、アミノ酸が数十~数千個結合したものです。
自然界には多くのアミノ酸がありますが(約500種類)、私たちの身体の材料となるアミノ酸は20種類あり、そのうち体内で作ることのできないアミノ酸が9種類あります。これらのアミノ酸を必須アミノ酸と言い、体内で作ることのできる残りの11種類のアミノ酸を非必須アミノ酸と言います。
必須アミノ酸は体内で作ることができないので、食事から摂る以外に方法はありません。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸
必須アミノ酸(9種類) 非必須アミノ酸(11種類)
バリン ロイシン アルギニン
イソロイシン ヒスチジン システイン チロシン
リジン フェニルアラニン アラニン グリシン
メチオニン トリプトファン セリン プロリン
スレオニン アスパラギン アスパラギン酸
グルタミン グルタミン酸

私たちは食事を摂ることでたんぱく質を摂取し、消化吸収の過程でたんぱく質をアミノ酸に分解し、再合成します。そのたんぱく質の数は、2万種類とも言われたり、10万種類とも言われたり、50万種類と言われることもあります。
これは、たんぱく質の定義の仕方により数え方が異なるためですが、いずれにせよ、私たちの体内では、相当の数のたんぱく質が作られているということです。

準必須アミノ酸

非必須アミノ酸は体内で合成することができますが、合成量が不足するなどの理由で食物から摂取する必要がある非必須アミノ酸は、準必須アミノ酸とも言われています。準必須アミノ酸には以下のものがあります。

  • アルギニン:乳幼児の合成量が少ないため、乳幼児では必須アミノ酸と分類される
  • システイン:必須アミノ酸であるメチオニンから合成されるため
  • チロシン:必須アミノ酸であるフェニルアラニンから合成されるため

また、非必須アミノ酸は、同じ非必須アミノ酸であるグルタミン酸から合成されるものが多いため、グルタミン酸を多く含む食べ物の摂取が少ないなどでグルタミン酸が不足することにより、非必須アミノ酸が不足してしまう可能性があります。

非必須アミノ酸と必須アミノ酸の違いは、体内で合成できるかどうかの違いというだけで、どちらも必要不可欠な栄養です。
そのため、「体内で合成される」「非必須」アミノ酸だからといって、食べ物から摂取することを疎かにしてはいけません。
20種類のアミノ酸をすべて必要なだけ摂取できるような食事をしましょう。

アミノ酸スコアとは

アミノ酸がバランスよく含まれているたんぱく質が良質なたんぱく質と言えます。
たんぱく質が良質かどうかを判断する方法の1つに、アミノ酸スコアがあります。

アミノ酸スコアは、食品に含まれる必須アミノ酸の含有バランスを評価する指標で、アミノ酸スコアが100に近いほど体内でたんぱく質が有効に利用されます。つまり、アミノ酸スコアが100に近いほど良質なたんぱく質と言えます。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

今回の記事はアミノ酸の説明がメインですが、アミノ酸スコアに関連するので、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質についても少し説明します。

たんぱく質は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質に分けられます。
動物性たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品などに含まれ、植物性たんぱく質は、豆類、穀類などに含まれます。

体内で作ることのできない必須アミノ酸は、動物性たんぱく質に多く含まれます。特に、牛乳などの乳製品に含まれるカゼインやホエイは、9種類の必須アミノ酸を豊富に含み、なおかつ消化吸収も早いという特徴があります。

植物性たんぱく質では、豆類に必須アミノ酸が多く含まれますが、消化吸収率が動物性たんぱく質と比べると低いです。

アミノ酸スコアで見てみると、動物性たんぱく質にはアミノ酸スコアが100のものが多く、植物性たんぱく質にはアミノ酸スコアが低いもの、すなわち、必須アミノ酸が不足しているものが多いです。
しかし、アミノ酸スコアの低い植物性たんぱく質であっても、いくつかを組み合わせて摂取することにより不足している必須アミノ酸を補えば、必要な栄養価を満たすことができます。

調味料にも使われるアミノ酸

食品の原材料名の欄に「調味料(アミノ酸)」などと記載されているのを見たことがあると思いますが、アミノ酸っておいしいの?って疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

例えば、非必須アミノ酸であるグルタミン酸は、昆布や野菜に多く含まれるうま味成分で、グルタミン酸を化学的に合成して、うま味調味料としてのグルタミン酸ナトリウムが作られます。

味噌、醤油、塩などは食品として取り扱われますが、グルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウムなど、化学的に合成されたものは添加物として取り扱われます。

そして、それらが添加物として食品に含まれている場合は、原材料名の欄に「調味料(アミノ酸)」というふうに記載されます。

なお、添加物としての調味料には、アミノ酸、核酸、有機酸、無機塩の4つのグループに分類されます。そして表示は、「調味料(アミノ酸)」というように、「調味料」の後にかっこ書きでこのグループ名を記載します。

「調味料(アミノ酸)」と「調味料(アミノ酸等)」の違い

上では原材料名に「調味料(アミノ酸)」と記載される例を書きましたが、「調味料(アミノ酸)」でなく、「調味料(アミノ酸等)」と「等」の文字が含まれていることもあります。
この「等」の文字の有無の違いは、以下の記載ルールによります。

うま味調味料としてアミノ酸のみを使用した場合は「調味料(アミノ酸)」と記載され、アミノ酸と他のグループの調味料を使用した場合は、使用量・使用目的などから代表的なもののグループ名をかっこ内に書き、その他のものを「等」として記載します。
つまり、アミノ酸が主だったもので他のグループのものも使用していれば「調味料(アミノ酸等)」と記載し、有機酸が主だったもので他のグループのものも使用していれば、「調味料(有機酸等)」という具合に記載します。

シャンプーにも使われるアミノ酸

アミノ酸シャンプーとかアミノ酸配合シャンプーというのもよく耳にすると思います。
アミノ酸が配合されたシャンプーだというのは分かりますが、アミノ酸が配合されたら何がいいんでしょう?

その前に、まずはアミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーとの違いについて簡単に書きます。
名前が似ていますが、違いは、

  • アミノ酸シャンプー:洗浄成分がアミノ酸
  • アミノ酸配合シャンプー:洗浄成分のベースがアミノ酸ではなく、別の洗浄成分がベースで、そこにアミノ酸の洗浄成分が配合されている

アミノ酸シャンプーと謳いながら、実はアミノ酸配合シャンプーだったなんて商品もあるらしいですが、そこまでのことについては触れません。
シャンプーにアミノ酸が配合されると何が良いのかについてを書きたいだけなので。

さて、アルコール系のシャンプーや石鹸シャンプーでは、洗浄力が強すぎて頭皮を保護する皮脂まで落とし過ぎてしまうことがあります。
皮脂を落とし過ぎると、頭皮が乾燥したり腫れやすくなるなどのトラブルになることもあります。

それに対して、アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで弱酸性なので、皮脂を取りすぎることがありません。そして保湿性も高いです。これがアミノ酸シャンプーが注目される理由です。

前の記事(たんぱく質)で、髪の毛もたんぱく質から構成されていると書きました。
そしてたんぱく質を分解したものがアミノ酸なので、髪の毛と同じ成分のアミノ酸で髪を洗うと、髪にも頭皮にも優しいということですね。

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮になじむとのことです。
アミノ酸シャンプーでテンションが上がるDさん(120歳)

アミノ酸シャンプーを使ったことはないですが、イメージとしては、

  • 「なじむ」「実に!」「なじむぞ!」ボリボリボリボリボリ
  • 「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアハハハハハハハハハハーッ」グリグリグリ

って感じでしょう、きっと。

まとめ

  • たんぱく質は、アミノ酸が数十~数千個結合したもの。
  • たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類。
  • そのうち、9種類のアミノ酸は体内で作ることができない。これらを必須アミノ酸と言う。
  • アミノ酸スコアが100に近いほど良質なたんぱく質。
  • たんぱく質は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質に分けられ、動物性たんぱく質にはアミノ酸スコアが100のものが多い。
  • アミノ酸は調味料にも使われる。
  • アミノ酸はシャンプーにも使われる。髪や頭皮に優しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました