血糖値とインスリンの働きと脂肪蓄積

血糖値とインスリンの働きと脂肪蓄積

血糖値、糖尿病、インスリンなど、よく耳にする言葉ですが、これらのことはなんとなくは分かっていても正確な内容を把握しているという方は少ないのではないでしょうか。
ということで、まずはこれらの説明をし、ボディメイクとの関係についても書きたいと思います。
また、前の記事(炭水化物)で血糖値が急激に上昇すると太りやすいと書きましたが、そのことについても説明したいと思います。

血糖値とは

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことです。
ブドウ糖とは、自然界に最も多く存在する単糖類で、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質です。糖質や “ナントカ糖類” について詳しく知りたい方は、前の記事(炭水化物)に書いてありますのでお読みください。

さて、食事を摂取すると、消化吸収の過程で最終的にブドウ糖に分解されてエネルギー源として利用されます。食事を摂取することにより、消化されたブドウ糖が小腸から血液中に吸収され、血液中のブドウ糖濃度である血糖値が上がります。

血糖値は、健康な人でも食前と食後で変化し、通常は食前で約70~100mg/dl、食後で100~140mg/dlと言われています。
この血糖値は食事の摂取で変動します。また、血糖値が低すぎると低血糖、逆に高すぎると高血糖を引き起こします。

インスリンの働きと脂肪蓄積の仕組み
インスリンの働きと脂肪蓄積の仕組み

血糖値が上がると、膵臓のランゲルハンス島からインスリン(インシュリン)が分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるホルモンです。後述しますが、このインスリンが正常に働かないことにより血糖値が下がらない症状が糖尿病です。

インスリンは、血液中のブドウ糖をエネルギー(グリコーゲン)として筋肉や肝臓に取り込むのを促進しますが、それでも余ったブドウ糖は中性脂肪に変えられ、脂肪細胞として蓄えられます。
なお、ブドウ糖は単独ではエネルギーにはなりません。

つまり簡単に言うと、必要以上のカロリー(糖質)を摂取すると、ブドウ糖を摂り過ぎて血糖値が急上昇し、それによりインスリンが大量に分泌され、脂肪が付く、すなわち太る、ということです。さらひどくなると生活習慣病にもなるということです。

低インスリンダイエットというものがありますが、これは食事の内容や食べる順番により、血糖値の急激な上昇を抑えることによりインスリンの分泌を抑え、それによりエネルギーとして余ったブドウ糖の脂肪細胞への蓄積を抑えようというものです。
このことについては別記事で書きます。

ちなみに、空腹になると血糖値が下がりますが、この場合は、膵臓から分泌されるグルカゴンというホルモンにより、肝臓などに貯蔵されたグリコーゲンをブドウ糖に分解してエネルギーとして使い、血糖値を上げます。

なお、血糖値を上げるホルモンはグルカゴンの他にもコルチゾールなどいくつかありますが、血糖値を下げるホルモンはインスリンの他にはありません。
つまり、インスリンは血糖値をコントロールするホルモンの中でも非常に重要な役割を担っています。他のホルモンももちろん重要ですが。

高血糖とは

高血糖とは、血糖値が高いまま下がらない状態が続くことです。
高血糖の状態が続くと、細胞から有害な活性酸素が発生し、動脈硬化を引き起こし、糖尿病、心筋梗塞、肝硬変などの様々な病気を発症する危険が高まります。

糖尿病とは

先ほども書きましたが、健康な人であっても空腹時と食後では血糖値は変化します。
健康な人であれば血糖値は一定の範囲内に収まりますが、糖尿病は、血糖値を調節するインスリンの分泌量が少なかったりインスリンが十分に働かないなどの理由により、血糖値が慢性的に高くなる病気です。

また、糖尿病は、一度かかると完治が難しく、いくつもの合併症も引き起こします。特に、糖尿病の三大合併症と呼ばれる、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病性神経障害は、重大な障害をもたらします。

糖尿病にならないために、特に肥満の方は、適度に運動をし、食事内容に気をつけましょう。

低血糖とは

血糖値が必要以上に低くなることを低血糖といいます。
血糖値が高すぎても健康上良くないですが、低すぎても良くないです。危険です。

低血糖は、食事の量が少ない、運動量が多すぎる、空腹での運動を行った場合などに起こりやすいです。
低血糖になってしまった場合は、吸収の速いブドウ糖を摂るようにしましょう。でん粉とかは吸収が遅いので気をつけてください。

血糖値が70mg/dL以下になると、血糖値が下がった際に血糖を上げようとする交感神経刺激ホルモンの作用により、震え、冷や汗や動悸の症状が起こります。
血糖値が50mg/dL以下になると、脳へのエネルギー不足から意識が朦朧とする、あくびが何回も出る、頭痛やめまいがするなどの症状が現れます。
血糖値がさらに低くなると、痙攣や昏睡に至る場合もあります。

前の記事(炭水化物)で、飲んだ日の翌日に空腹で動けなくなったというはなしを書きましたが、あれも低血糖の状態で危険だったのかもしれませんね。震えなどの症状はありませんでしたが、二日酔いがひどすぎて気付かなかっただけかもしれませんけど。

また、空腹は、低血糖などの危険もありますが、カタボリックを起こすという筋肉・ボディメイクの観点でのマイナス要素もありますので、空腹状態は避けるようにしましょう。
カタボリックについては別記事で書きます。

まとめ

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度。
血糖値は、健康な人の場合で、食前で約70~100mg/dl、食後で100~140mg/dl。
食事を摂ると血糖値が上がる。
血糖値が上がると、血糖値を下げるために膵臓のランゲルハンス島からインスリンが分泌される。
インスリンは、血液中のブドウ糖をエネルギー(グリコーゲン)として筋肉や肝臓に貯蔵させるが、それでも余ったブドウ糖を中性脂肪として脂肪細胞に蓄積させる働きがある。
血糖値を下げるホルモンは、インスリンのみ。
糖質を過剰に摂取して血糖値が急上昇すると、インスリンの働きにより太りやすくなる。
血糖値が高いまま下がらない状態を高血糖と言い、その状態が続くと、糖尿病、心筋梗塞、肝硬変などの病気を発症する危険性が高まる。
糖尿病は、インスリンの分泌量が少ないなどにより、血糖値が慢性的に高くなる病気で、一度かかると完治が難しい。また、合併症も引き起こす。
低血糖になると、震え、冷や汗、動悸などの症状が起こり、痙攣や昏睡に至る場合もある。
空腹危険!

コメント

タイトルとURLをコピーしました